読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨降り

幽霊について

「悪党に粛清を」「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」「コングレス未来会議」「人生スイッチ」

映画
  • 7/1 「悪党に粛清を」(クリスチャン・レブリング)@新宿武蔵野館……色彩が素晴らしかった!
  • 7/8 「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(ジョス・ウィードン)@TOHO CINEMAS 新宿……5時間くらいやってほしかった。
  • 7/15 「コングレス未来学会議」(アリ・フォルマン)@シネマカリテ……原作を読みたくなりました。途中ですごく気になる台詞があって。
  • 7/16 「人生スイッチ」(ダミアン・ジフロン)@有楽町よみうりホール(試写会)……今年の夏はこれで決まり!

毎年サイクル的に夏はあまり映画館に行けなくなるのですが、今年もそんな傾向にあります。
でも今年はテレビ東京午後のロードショーで「シャークトパス」(サメとオクトパスが合体してる)など、サメ映画を見ていたので、なんかすごく映画見たなあ! っていう気分がしています。目を疑うような映像をたくさん見て、ああ、夏だなあ……! って感じて、わりと映画的にはお腹いっぱいな 7 月でした。「ゴーストライダー」も見たし、「エイリアン VS プレデター」も見たし、夏満喫です。
あっ、「シャークネード サメ台風2号」を見られたことは貴重な思い出となりました。「ビーチ・シャーク」とか「シャークトパス」なんかはもしかしてどこかで間違ってまた放送してくれるかもしれないけど、もともとテレビドラマだったという「シャークネード サメ台風2号」はもうないのではないかと思う。すごかったし。すごかった。
私はこれらを見て、映画の中の登場人物の考えていることがわかるとか、ましてや「好感を持てる」なんて、とてもとても高度なことなんだなあとわかりました。映像だけで人々の気持ちが伝わるなんて、すごすぎる。「シャークトパス」ではもんのすごくゆっくりしゃべるきれいなおねいさんが、シャークトパスを見て「うわあ♡」とかうっとりするんです。気持ちなんて、びたいちもんわからなかったし、想像するゆとりがこちらに生じませんでした。とにかく、「今、なんでそうなった」の連続で。今、なんで爆発した? なんでこの人車の鍵をこいつに渡したの? おいこの状況ならまず話を聞け等々と、延々延々続く「つっこみどころのなりかけ」みたいなのを見続けたことにより、私は映画的に強靭になれたんじゃないかという気がします。
もちろん「こんなの、まだまだあまっちょろいわよ」と、「暗戦 2」など映画サイトでダントツの低評価をくらっている映画をがんがんに鑑賞されているみなさんはおっしゃるでしょう。自分でも「まだ私は『映画の底』を体験していないな」と思います。
でも、十分です……!
今猛烈に「マッドマックス」が見たいです。
 

シャークネード カテゴリー2 [DVD]

シャークネード カテゴリー2 [DVD]

シャークトパス [DVD]

シャークトパス [DVD]

ビーチ・シャーク [DVD]

ビーチ・シャーク [DVD]