プール雨

幽霊について

祖父と母と官能小説

祖父が逝って大体15年。祖父が読んだと思われる官能小説がいっぱい出て来た。元・わたしの部屋から。格好の隠し場所だったのね。「おかーさん、これはちょっとおもしろそうだよ」と一冊手に取ると、「それ、もう読んだ」という母の告白もあり。