プール雨

幽霊について

言葉

光をあてること自体の価値

2022 年 1 月 15 日付け「東京新聞」に掲載されていた「3 冊の本棚」にちょっと考え込んでしまうような記述がありました。 「東京新聞」は土曜日に書評を載せていて、「3冊の本棚」は「書く人」とともに書評コーナーの目玉になっています。中江有里、酒井順…

「額田王」観測日記

2016 年 9 月、「額田王」で検索すると、Google様はこのように示唆された。 自分のブログからコピペした 不思議なこともあるものよのうと思い、スクショをとっておいた。この時点では生没年がばしっと明確に書かれていること、「天武天皇の娘」「親:天武天…

壁をちまちまとつきくずす

ちかごろ新聞におどるのは「野党は批判ばかり」だから「若者に刺さらない」といった軽薄な言葉です。 野党が「批判ばかり」で生産的でないと見られるようになった責任の大部分は新聞各紙をはじめとする大手マスコミにあるというのに、この無責任さに恐怖すら…

「安心」についてはほっといてほしい

「安心・安全」または「安全・安心」という言葉を聞く度に違和感をおぼえます。 公共空間や制度の設計について「安全」を目指すのは基本中の基本で、それは誰もが期待し、主体的にも維持に努めようとすると思います。でも「安心」についてはどうでしょうか。…

長い追記

poolame.hatenablog.com 上記日記への追記: 私は短いサイクルで自分の言葉遣いを見直すので、人からすると「変節する」という風に見えるかもしれません。 例えば今、基本的に私は「上から目線(で)」という言葉を使いません。「えらそう」はたまに使います…

言葉に目覚めたい

6 月 16 日「朝日新聞」の朝刊に言語学者、庵功雄のインタビューが掲載されていました。 www.asahi.com 日本語ネイティブではない人たちが必要な情報を得るために設計された「やさしい日本語」を、あちこちでみかけるようになりました。「日本人と外国人が意…

道理が通らなくて無理

6 月 12 日(土)、朝日新聞に社会学者佐藤俊樹さんのインタビューが掲載されていました。 www.asahi.com 新聞の見出しは「科学生かせぬ政府/開催リスク示さず/感情的な反対呼ぶ」です。「すでに、五輪中止より緊急事態宣言による経済的損失の方が大きいと…

幸福について

親譲りの無鉄砲でこどものころから損ばかり…… と、いうわけでもないです。 「生まれつき損しやすい」こともなければ「生まれつき得」ということもないです。 しいていえば……しいていうようなことも、特にありません。 損か得かはわからない。 そもそも、あま…

ダークサイドに墜ちそう

今日の『東京新聞』「本音のコラム」担当は齋藤美奈子で、タイトルが「グレそう」でした。 三度目の緊急事態宣言が発出されたが、「ご自分たちはワクチンの確保もできず、検査態勢を整えることもできず」、「会食もし放題」でいながら、市民には「要求」ばか…

速度

なんでも遅い方です。 目が覚めて実際にふとんから這い出すまで、平日で 5 分、休日なら小一時間かかるし、家事にかけている時間を全部かき集めると多分 6 時間くらいになります。 「急ぎの仕事」は大抵断ります。無理だから。 映画は映画館で見たい。家で見…

きしかたとこしかた

「来し方」は常に「きしかた」と読む人、常に「こしかた」と読む人、用例で読み分ける人と色々で、かつ、どれでもよいので、むしろ仕事のときは「ルビを振りますか?」と著者に質問することが多いです。どっちで読んでもかまわないのならルビなしで、著者に…

日本語の辞書とわたし

三省堂で大修館をはさんでみました 家に国語辞典がないという人に「どれを買えばいいの?」と尋ねられるたび、『三省堂国語辞典』と答えてきました。たくさん載っているし、ちょっとした連語なども独立した項目で立っていてひょいっと調べやすいし、なにより…

小さくなった

日本人に基本的人権はいらない、なぜなら神の国だからという特殊な国家観をこの列島に行き渡らせて美しい国をつくりあげる。 そういう大仕事をしようというときに、公文書改竄や公選挙法違反といった、(上記の大仕事に比べれば)小さい悪事を重ねてしまった…

『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』

『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』を見ました。 さくらが「日本じゃ、『未亡人』なんて変な言葉がはやったじゃない?」と言ったのが印象的でした。『男はつらいよ』ではおいちゃんおばちゃん夫婦と博さくら夫婦の言葉遣いが違っていて、さくらたちには「『未…

「東京新聞」の「大波小波」には外れの回がある

「東京新聞」に「大波小波」という、時折「いかがなものか」と思われる記述がなされることのあるこのコーナーがあります。夕べ(2020 年 7 月 6 日付夕刊)は小林哲夫『女子学生はどう闘ってきたのか』を紹介していました。それはいいのですけど、言うにこと…

ねえ、笑って!

レモンケーキを食べました。食べながら、パッケージに「ねえ、笑って!」みたいなことが書いてあったことをしみじみ思いました。すっぱかったので笑いはしませんでしたが、おいしかったです。すっぱいのが好きなので。 私は笑えよと強要されるのも気を遣って…

訂正します

今夜はギョーザ・イエー! 話はかわりまして、以前、ハイクで「ぎょうざ」って旧かな表記だとどうなると? という質問があり、つるっと「げうざよ」と答えてしまったのですが、字典を読み間違えたらしく、大間違いでした。やってしまいました。 「餃」という…

König

気まぐれに録画して見始めた「旅するドイツ語」。 パンに目がない俳優の佐藤めぐみさんがドイツを旅して、パンを食べたりジャムを食べたりしながらドイツ語を学ぶ番組で、三回目の放送まで見ました。 現状私は、Danke. と Das, bitte!(これください)しか…

表現

「三密」ではなく「家にいて、換気して、人と離れて」にしてほしかった。 「三密」という言葉はすでに仏教の体系にあるし、省略形だから覚えるのに手間がかかり、しかも「三密(をする)」のではなく「三密(を避ける)」なので、考えるときに最低二手間かか…

[ə]

英語をやる人は, この [ə] はあいまいな「ア」だと思っている, ドイツ語をやる人は, [ə] はあいまいな「エ」だと思っている, フランス語をやる人は, [ə] はあいまいな「ウ」だと思っている. では誰の意見が最も正しいかというとそれはたとえば, 私も彼女が私…

異次元の数学者、望月新一

16年末の「NHK紅白歌合戦」で見た人気アイドルグループ「欅坂46」に(個人ブログで氏が)言及。歌っていた「サイレントマジョリティー」の歌詞が、ABC予想の証明に用いた自身の理論と酷似しているとして、「興奮・感動を読者の皆さんと分かち合いたくなりま…

危険な言葉

www.tokyo-np.co.jp 外務省が「原爆展」から東京電力福島第一厳罰事故の概要を伝えるパネルを外さなければ後援しないと被団協に要求した そうで、えぐいことよと思います。 こうした、過去の捏造につながる現在の否認をせっせと政府が行っているというニュー…

日本語文法

honto.jp 日本語教育における日本語文法と、日本の義務教育で学習する学校文法はちょっと違います。 学校文法は王朝文法が基本になっていること、学習者の発達段階に応じた設計になっていることなどから、必ずしも言語学的には厳密でないところがあります。…

忘れられない

このところ頭にこびりついている言葉は、柳家さん喬が弟子の喬太郎に言った「喬太郎、往来で品のない大声(たいせい)を発するんじゃない」、小出祐介さんが関根史織さんに言った「涙腺がだらしない」、そして突然記憶から掘り起こされた「雅子様は筋金入り…

八五郎はばかだけど、イヤな奴じゃない

「ヘイトだ、パワハラだ、男尊女卑だと言われたら落語は一切出来なくなります。」と立川志らくさんがおっしゃるので、合間合間に落語を聞いていたら、落語に生活を侵食されて仕事が遅れ気味です。 私は前の会社にいたとき、「小三治に芸風・性格が似ている」…

新元号について

新元号発表の報を聞いたのは旅先でした。「令和」という字を見て、雨夫さんと 2 人で「りょうわ? ……れいわ……? えっ……出典が…………万葉集の……詞書……!?」とびっくりしたという思い出ができてしまいました。 「わせしむとしか読めない」「訓読みはしないでし…

今日の東京新聞朝刊に載っていた「『えひめまじめ』ふまじめな PR...

今日の東京新聞朝刊に載っていた「『えひめまじめ』ふまじめな PR」は最初、その「えひめまじめ」という PR 動画に「ふまじめだ」という意見が殺到したという字面がすっと頭に入ってこなくて、「ん? んん?」と読み返してしまいました。愛媛県でやっている…

お菓子にありそうな、歌のタイトル

「空から降ってきた卵色のバカンス」というタイトルには長崎銘菓っぽさがある。 空から降ってきた卵色のバカンス 原田知世 J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes

医者に言われて印象に残っている言葉

ひどいアトピーで悩んでいたのですが、 「23 歳くらいになったらよくなるよ」 と、二人の医者(引っ越して通院先がかわったため)に言われて、果たしてその通りだったという。 今振り返ってみても新鮮な衝撃。

荒川静香の詩

バンクーバーオリンピックかなにかのときに、テレビでアナウンサがー安藤美姫に対して、「日本のためにがんばれ」的なことを言ったところ、すかさず荒川静香が「自分のために! がんばってほしいですね(にっこり)」と言ったのを思い出したなあ。 「自分の…